タイミングを誤る

地方プレミアム投資術 > 生活 > タイミングを誤る

タイミングを誤る

2014年11月 8日(土曜日) テーマ:生活

パソコンの画面の前に座りリアルタイムで変化している為替レートを眺めていると、理由無く売り買いをしなくてはいけないという思いに影響される事も多かったりします。

 

だけど、不明瞭な感覚でエントリーすることは、間違ってもしてはいけません分かっていると思いますが、マーケットは終日、休みなくどこかでマーケットがオープンしているし相場もいつでも動いています。

 

そうであっても、何回も売り買いを積んでいくとそれだけで損をする可能性が高まってしまう。

 

無論、売り買いの回数を積む事でトータルで勝つ可能性が五分五分に近づくのは事実です。

http://e-kitsuke.com/

でもその事は「明確でないアイデアでエントリー」してしまうこととは話が異なります。

 

注文回数を積むとは、あなたが「ここで勝負」と感じた勝算を持った状態での売り買いの回数を積み重ねるという事を意味します。

 

理由がなく、連続して取引を積むのとは全く違います。

 

相場の勝負に勝つためには、自ずから意識的に緩急をつけることが重要です。

 

「ここは!」とよく考えた相場の時には思い切って所有ポジションを買い増して、集中して儲けを追求します。

 

「明らかに難しい外国為替市場で、どう上げ下げするのか考え付かないな」と感じた時は思い切って所有ポジションを見切りをつけて放置します。

 

これくらいのメリハリをつける方が最後には取引は儲けられます。

 

市場の格言には「休むも相場」という言葉があります。

 

文字通り言葉どおりだと思います。

 

為替とは、いつもポジションを所有する事が全部ではなく、ポジションを所持せずじっと待っている事もまた、FXです。

 

そうであるならば、どういった時に休むべきなのでしょうか。

 

ひとつは、前述の通り、現在の外国為替相場が今ひとつ見通しがきかない時です今後ドル高になるのか、ドル安になるのかが決める事が出来ない時は、ヘタに動くと、自身で作ったシナリオとは逆方向に為替相場が向ってしまい、損失を被ることになる。

 

そのため、このような時はポジションを閉じ何もしないで静観を決め込むのが唯一出来る事です。

 

ふたつめは、あなた自身の体調がすぐれない時。

 

体の状態と外国為替市場に関係性はないと考える方もいるでしょうが現実には大きく影響します。

 

健康状態が悪い時は、外国為替相場の失敗できないところで正しい判断を下すことができない。

 

気乗りがしない時は相場から目をそらす事も大切な事です。

 



関連記事

タイミングを誤る

タイミングを誤る

2014年11月 8日(土曜日)

結婚式

結婚式

2014年6月29日(日曜日)

広島市の浮気調査は原一探偵事務所で

広島市の浮気調査は原一探偵事務所で

2014年6月25日(水曜日)

今と昔

今と昔

2014年6月10日(火曜日)